施工後がイメージしやすくなるパース図面

施工後がイメージしやすくなるパース図面

こんにちは

 

いつもお世話になっております

 

台風が発生したようです。

明日、あさってにはこちら方面に近づく予報ですので

お気をつけください。

 

さて、エクステリアデザイン神戸ではお問い合わせをいただいてから

現地調査、ご相談、作図&お見積といった順序で、お客様との

お打ち合わせが進んでいきます。

 

もちろん現地調査、お見積は無料でさせていただいており

お客様と一緒に現地を見ながらご希望をお伺いしております。

 

その後、ご希望に沿ったプランの作図に入ります。

私共でご用意する図面は、平面図とパース図面です。

 

平面図は文字通り2Dの線であらわされたもの。

そしてよりお客様に「出来上がり」をイメージしていただけるのが

パース図面となります。

 

たとえば..

 

目隠しフェンスは

 

 

 

 

色の違いや間隔の違いでどのように印象が違うのかがわかります。

 

 

お庭の防草対策では

  

 

同じコンクリート敷きでも、色つきのものを使うことで印象が

変わります。

 

 

たくさんの種類があるカーポートは

 

  

 

種類の違いや

 

 

 

違う角度からのイメージがわかります。

 

玄関アプローチ、特に新築外構では全く何もないところからの

スタートですが…

 

 

 

 

 

 

花壇や門柱の色や使う部材によって印象も様々です。

シンボルツリーを入れたりすると、より現実味がましますね。

 

 

このように、お客様の「こうしたい!!」をイメージ化したものが

パース図面です。

 

出来上がってから、「思ってたのと違う」とならないためにも

しっかりと何度でもお打ち合わせをさせていただきますので

お気軽にご相談ください。

 

 

 

pagetop
スマホサイトを表示